賃貸暮らしを始めて生まれて初めて料理を作るといった方に、フルーツナイフがいかに使えるアイテムかを記述しました。

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ

自炊に不慣れな賃貸暮らしにとってのフルーツナイフ

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
最近の若い人達は、男性だけでなく女性の方も実家住まいしていた頃は、ロクに食事の用意の手伝いをした経験の無い方が圧倒的に多いようですから、賃貸暮らしを始めてようやく自分で包丁を握って料理するようになった、と仰る人も少なくないようです。

かく言う僕自身も、まさしく賃貸アパートで一人暮らしを始めて人生で始めて包丁を握ったタイプの人間なので、最初はとっても簡単な料理1つを作るにしても大変苦労させられました。特に包丁の扱いは大変難しいと感じる人も少なくないようなので、個人的にはまだ慣れていない人は無理して大きな包丁を使おうとはせずに、小さなフルーツナイフを使って料理を作れば良いと思います。

ちなみに僕は大小両方のタイプの包丁を購入しましたが、自分で料理を作るのに慣れた今でも、余程大きくて固い物を切る時以外は、全てフルーツナイフを使って食材のカットを行うようにしています。やっぱり細かい加減をしやすいのは、大きくて手に余るような包丁よりも、指先の力の入れ具合で細工をしやすい小さなナイフの方が数段優れているのは間違いありません。また最近は無理に自炊しようとしなくても、近くにスーパーがあれば十分出来合いのお惣菜で食事を賄えますから、極端な話フルーツナイフすら無くても、賃貸ぐらしにあまり困らないかもしれません。

関連記事・情報