私は以前、3回くらい賃貸住宅に住んでいたことがあります。賃貸住宅を決定するまでには、様々な準備が必要です。

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ

賃貸住宅の決定にあたって

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
私は過去に3回程、賃貸住宅に住んでいたことがありますが、一回目はマンションで、二回目は一戸建てで、三回目はアパートでした。賃貸住宅には、主に一戸建てとマンションとアパートがあるの思いますが、どこが良いのかは人によって違うと思います。まず、賃貸住宅を決める際は、様々な情報を集めることからです。情報を集めるには、住宅に関する本を読んだり、テレビ番組を見たり、インターネットで体験談などを読んだり、賃貸住宅に住んでいる(住んでいた)知人に話を聞くことなどがあります。そこで、自分が住みたい賃貸住宅がわかってくると思うので、それをノートにまとめておくと良いでしょう。

次に、不動産は一つのところだけでなく、いくつか回った方が良いと思います。逆にいくつも回りすぎると、ゴチャゴチャして整理がつかなくなってしまうので、5箇所くらいがいいでしょう。また、土地勘が強い不動産など、不動産も様々なので、不動産の情報も事前に調べられれば効率が良いと思います。そして、実際に物件を回るときは、住む人全員で、気になるところを回ります。そこで、住宅の特徴をノートにメモしておくと、最終的に決定する際に便利でしょう。最後に、決定するときは、ノートを見ながら、住む人全員で話し合うべきだと思います。