土地活用方法の一つである賃貸経営には注意すべき点がいくつかあります。対策を考える上で考えていきたいと思います。

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ

賃貸経営を検討する上で注意すべき点

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
使い道のない土地の活用方法は大きく分けて2種類あります。土地だけを活用する方法と、賃貸経営のように建物を建てて活用する方法です。土地だけの場合は駐車場等が主に挙げられますが、建物を建てるとなると借入が必要になったりとリスクも低くありません。何のために、どういう方法で、という所を明確にすることで規模や活用方法が決まってきます。

税制面でのメリット等が多い土地活用方法の賃貸経営ですが注意すべき点もいくつかあるのでその対策を考える上で何点か挙げたいと思います。最も心配なのが空室のリスクです。家賃収入が減少する原因にもなり、立地と賃料が高すぎるという点が原因になることが多いと考えられています。また、年数が経つと建物の老朽化は避けて通ることができませんし、最近では火災だけでなく大雨や地震等の自然災害もリスクにあたります。

ローンを組むことになると、その金利の選択の仕方によっては金利が上昇しそれによって返済額が上がるということ、売却時に現金化しようとしてもすぐに買い手がつくとも、希望の値段で売れるとも限らないと考えられます。活用方法を考えるとともに自分の資産の運用方法を明確化し、長期的視野で収支計画を立てていくことが大切です。