賃貸は多様化の一途を辿っており、居住する人も多様化している。この流れは今後も続くと予想される。

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ

ますます多様化する賃貸の世界

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
賃貸は誰しもが一度は利用したことがあるでしょう。それ程に賃貸は私たちの暮らしに密接に関係しているわけですが、最近は賃貸の世界も激変しつつあります。昔とは違い、賃貸に住む人だけでなく、物件自体も多様になりつつあるのです。

昔は賃貸といえば独身や学生が主な入居者でした。しかし、最近では持ち家をもたず一生を賃貸で終わる人も増えてきました。これには社会構造の変化があり、晩婚化や生涯結婚しない人にとって持ち家を持つことはさほど意味がなくなってきているのです。更に顕著なのが物件の多様化です。昔は単身の物件が主流でしたが、最近ではデザイナーズマンションや高級賃貸、高層マンションの賃貸や一軒家の賃貸までとにかくバリエーションがあります。その中でも最も増えているのが高層マンションの賃貸で遺産対策や老後にとこうした物件を借りる人が増えているのです。

こうした流れは今後も続いていくと予想されています。昔の主流だった単身者や学生は今後ますます減っていくのに比べ、高齢者や核家族は今度も増えていくからです。こうしたニーズを満たすために今まであったような物件も改築するところもあり、今後も不動産業界の変動に目が離せないといえましょう。