サービスアパートメントという賃貸形式は、通常の契約の手間を省くことができるので、気軽に利用できます。

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ

サービスアパートという賃貸形態に注目

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
賃貸物件というと、敷金や礼金など契約時に色々と面倒な手続きをしなければいけません。ただ、部屋を借りる目的が短期的なものであるならば、サービスアパートメントという選択肢もあるのではないかと思います。サービスアパートメントとは、簡単にいうとマンスリーマンションのグレードを上げたような感じの賃貸形態のことです。

敷金や礼金の必要がなく、ホテルのようにフロントサービスがあり、クリーニングサービスなども充実しています。ただ、ホテルほど堅苦しくないので中期的・長期的な滞在で利用をするのに最適です。引っ越しと言うとたくさんの荷物を持ち運びしなければなりませんが、サービスアパートメントの場合には、部屋に予め家具が用意されているので、荷物だけ持っていけば、その場で契約して住み始めることができます。

通常の賃貸マンションとの違いについては、仲介手数料が必要ないことに加えて、水道光熱費の支払いの必要がなかったり、原則として保証人が不要だったりと、面倒なことを省くことができます。長期的に住む部屋としては向かないのかもしれませんが、自宅のリフォームの間だけ借りる場合や、セカンドハウスとして利用したい場合に、契約に関する手間が少ないというのは、大きなメリットと言えます。