賃貸物件に実際に住むまでには様々なことにお金がかかるので、初期費用が低い物件を選ぶことが大切です。

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ

賃貸物件に実際に住むまでにかかる費用

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
賃貸物件に住むには様々なことに初期費用がかかります。まず、引越しに費用がかかります。業者を利用する場合には数万円かかる場合もあり、出来るだけ自分でトラックを借りて友人や親族に手伝ってもらうことが大切です。自分でトラックを借りて運転すれば数千円で済みます。親族や友人であっても手伝ってもらったことに対してお礼はしなければなりませんが、圧倒的に安く済みます。

そして仮契約には申込金として家賃一ヶ月分程度を支払わなければならない場合があります。これはキャンセル時には全額返還される上に、契約締結時には敷金や礼金に充てられるので、実質損をしていないということになります。敷金と礼金はそれぞれ家賃の二ヶ月分が相場ですが、どちらもそれだけ請求されることは希です。主に新築マンションなどでそれだけ徴収されるので、新築物件でない場合にはそれぞれ一ヶ月分程度と考えておきます。そして不動産会社に支払う仲介手数料が発生します。これは家賃の一ヶ月分程度ですが、出来れば数千円だけでも値引きしてもらえないか交渉することが大切です。法律で定められた上限の金額に設定されていることがほとんどであるので、丁寧に交渉すれば少しでも値引きしてもらえる可能性があります。

関連記事・情報