賃貸物件を選ぶ場合は利便性と環境の両立は難しいので各自のライフスタイルの合わせて選択するしかありません。

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ

賃貸物件を選ぶには各自のライフスタイルにより選択

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
賃貸物件を借りる際に特に重視するのは立地ではないでしょうか。当然貸主側も立地の良い物件は入居者が多いということで建設される訳ですが、それは人それぞれ生活環境が違うので分かれるところでしょうが、一般的には都心だったりブランド力のある地域や様々な施設が近くにあり都心へのアクセスが便利とか通勤などで最寄り駅に近いといった利便性に優れた地域が多いようです。しかし利便性だけで良い立地とは言えず、例えば駅に近ければ、電車の騒音や人の行き交う雑踏が気になる人もいます。昼間は家に居る時間が長く自然や静かな環境を望む人にとっては郊外が良い立地条件になります。

自然環境を重視すると都心よりも郊外となりますので、利便性の点では悪くはなりますが、それでも静かな所で環境を重視するなら、その人にとってはいい立地になります。利便性の面での周辺環境のチェックポインと言えばスーパーやコンビニ、金融機関、公園、病院や小中学校など買い物施設、公共施設、教育施設などが近くにあれば利便性は高くいい環境ということになります。利便性と環境の両立は難しいので人それぞれ生活環境も違ってきますので、それに合わせて賃貸物件を選ぶしかありません。