賃貸における礼金とは戦後のお礼的な意味合いを持った内容のお金で、最近では無料のところも出てきつつあります。

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ

賃貸における礼金とは

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
賃貸物件で契約を行う場合には敷金や礼金その他の初期費用や引越し費用がかかってきます。なるべくこれらの額は少なめに抑えたいもので、サイトなどで検索をかけて探せば不動産会社によってはこれらの費用が安上がりになるところもあるようです。これらの初期費用の中に礼金という項目があります。

礼金とは賃借人が賃貸人に対して支払う1回きりの料金でその額は通常は家賃の1ヶ月から2ヶ月分というところが多く、もちろんゼロというところもあります。関東地方に多く地方によってその内容は違っているようで、関西地方においてはこの礼金の替わりに敷引きという制度が取られているところもあり、敷金と礼金を合わせた額として家賃1ヶ月分から4ヶ月分とされているようです。

特に関東地方においては戦後の焼け野原となったところから出発し、地方から上京してくる学生さんや就職する人々に対して賃貸人に対し知り合いや親戚も少ない中で生活して行くに当たって心細くもあり、もしも家賃滞納のことがあるかもしれないというような中でよろしくお願いしますというような意味合いを持った内容のお金であったとされ、一種の習慣的なものになって来ていました。近頃ではこういう習慣を取りやめる風潮も出て来ており、UR賃貸などではこれらの料金は無料となっている他、少しずつ無料のところも増えている状況にあります。