内緒で賃貸物件に同棲して住む場合には、知られたときに退去を命じられる可能性があることを覚悟することが大切です。

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ

賃貸物件で同棲をする場合

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
賃貸物件の契約の際には同居人の有無を記載しなければなりません。一つの物件に二人以上が住むということは、その人数に応じてリスクが上がっていくということです。内装に傷を付けられたり破損させられる可能性が上がるということであるので、その場合には人数に応じて家賃を上げます。

その為に家族で住む場合にはファミリータイプの部屋が用意されており、単身用に比べて割高な家賃となっています。同棲する場合は必ず申告しておくことが大切です。もし知られてしまうと違約金の支払いを求められたり、退去を命じられる可能性があります。一番注意したいのは、同棲して家賃を折半して高い家賃の物件に住む場合です。もし、別れてしまった場合は家賃の支払いが出来なくなるので、強制退去になる可能性があります。貸主としても非常にリスクのあることであるので、契約時に聞かれる年収と家賃が見合っていない場合は入居を断られる可能性があります。同棲で住む場合には婚約していても同じ扱いをされるので、結婚をしてしまって信用を得る方法もあります。新婚であっても結婚さえしていれば年収に見合っていなくても、二人の収入を合わせて考慮してもらえます。どちらにせよ内緒で複数人住むことは避けることが大切です。