賃貸住宅を計画するときに一番オーナー様に関心が高いのが間取りで、市場調査などのデータで入居者のニーズをとらえる

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ

賃貸住宅を計画するとき

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
賃貸やほかについても新しい情報がないと的確な判断は難しいですが、賃貸経営に関する税金や制度に関する法令改正にしても設備やサービスのニーズにしても世の中はめまぐるしく動いてます。そしてかつて不動所得などといった大家さんのお仕事も今は事業経営としての感覚が必須です。そしてその感覚を養うためにぜひ情報収集はしておきたいところです。そして情報収集として、まずもっとも一般的な情報源になるのが、業界新聞や雑誌などです。そして、もちろんインターンネットでも多くの情報を得られるでしょう。

そして賃貸住宅を計画するときに一番オーナー様の関心が高いのが間取りですが、アパートやマンションに住むのはオーナー差が出はないですから、間取りを決めていくにあたり、オーナー様の主観によらず、市場調査などのデータから実際の入居者のニーズをとらえ客観的に判断しなければなりません。そして入居予定の客層にあった間取りを計画する方法は、立地調査でしたデータを基に、どういった入居者が貴方の計画するアパートやマンションに入居するのか判断しましょう。そしてターゲットが見えてきたら、どのような部屋数にすれば長期にわたり、安定した入居を確保できるかといったことを検討します。

関連記事・情報