賃貸で2階建てアパートは、1階のほうが魅力的で、子供がいても、1階なら安心できることがわかってくる

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ

賃貸は1階は安全になる

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
賃貸ならではの魅力で、すきな場所の好きなお部屋に暮らせることですが、物件数が多く選択の幅が広く、時に迷ってしまうことがあります。そしてマンションでもアパートでも最上階と1階にあき室があるなら、あなたはどちらを選択しますか。最上階のお部屋と1階の部屋を選んだそれぞれの方に伺ってみると、5階建てのマンションの最上階を選んだところ、一人暮らしで最初に考えたのは防犯でしたが、以前1階に住んでいたことがあって、下着泥棒に入られたことがあり、その時次かいるなら上のほうの階にしようと思っていたそうです。

そして、最上階はとてもよく周りに高い建物がないといったことや眺めもよく、日当たりも風通しもとてもいいです。そして以前は特に夜遅く上の階の方の足音が響き気になっていましたが、最上階はそうしたこともなく、5回以上になるとかがあまりいないと聞きましたが、本当だったといったことでした。別の方は2階建てアパートの101号室を借りて、2回の真ん中あたりの部屋も空いていましたが、それより1回の角部屋がよく、家賃も2階より安かったのが魅力で、小さい子供がいるので、やはり1回は便利だそうです。そして、2階だと荷物やベビーカーを以って上がるのは大変で菅、その点は1階なら安心です。