賃貸で不動産の売買契約のとき通常は飼い主から売主へ手付金が払われることになるのでおぼえておきましょう。

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ

賃貸で不動産売買契約は

賃貸物件は修繕済みの築年数が経過した物件を選ぶ
賃貸の不動産の売買契約のとき通常は買い主から売主へ手付金が払われます。そして新築マンションなどの購入申し込みの時は、申し込み証拠金として5〜10万円程度の金銭が払われることも多いです。そして、申し込み証拠金は、購入の意思表示をする時に優先的に購入できる権利を確保する目的で売主に対し預けるもので、冷やかしではなく本気という程度の意味合いで教授されます。そして、この時点で売買契約は成立して今瀬から、後で購入の意思表示を撤回することは可能で、契約をしなければ申し込み証拠金はかならず返還されるべきものです。

そして、一時期子の申し込み証拠金の返還をめぐり、トラブルが頻発しましたが、今も申し込み証拠金の教授について規制はないですが、その預かり証の中に、契約不成立の時は全額返還すると明記するよう監督官庁より指導されています。そして申し込み証拠金は多くて10万円程度であまりに高額な金銭を要求されたときは十分注意しましょう。そして、手付金は契約の成立を前提とし、買主から売主へ支払われるものであり、中古物件の契約なら売買金額の10%程度のケースが多いです。そして不動産業が売り主の時はいろいろと制約があって、新築物件などで未完成のときには売買金額の5%までは通常受け取ることのできる手付金額です。

関連記事・情報